胃カメラには口からと鼻からのタイプがあります

健康診断の胃の検診で、再検査と言われると、病気の心配の他に、胃カメラを受けなくてはならないという不安がよぎります。胃カメラには、口から入れるタイプと、鼻から入れるタイプがあります。口から入れるタイプは、嘔吐反射があったり、検査中は話すこともできない為、苦しくて辛いという声が多くあります。一方、鼻から入れるタイプは、嘔吐反射も少なく、検査中も医師と会話をしながら、リラックスした状態で受けることができます。麻酔の量も、口から入れるタイプに比べて、少量であるので、体への負担も少ないのが特徴です。近年は、鼻から入れるタイプを選ぶ方が多く、口から入れるタイプに比べて、楽だった、という声も多くあります。デメリットは、鼻の中に内視鏡を入れるため、違和感や少し痛みを鼻に感じる場合もありますが、数時間でおさまると言われています。鼻から入れるタイプは、受診できる医療機関が限られているので、予め確認が必要です。

最近の胃カメラの進化

胃の検査を行う際に胃カメラを飲む場合があります。しかし多くの人は苦手意識を持っており、出来れば受けたくはないと考える人が多いようです。最近では進化をしており、経鼻から入れるものがあります。より細くて体にも抵抗のないものが開発されています。もちろん、部分麻酔を行って検査を行いますが、それが苦痛になることがあります。安心をして検査を受けることが出来るように工夫をしている医療機関も多いので、任せてみるとよいでしょう。抵抗がある場合にはテクニックがあると評判の医師を指名するという方法もあります。慣れも検査の行いやすさに影響を与えてくるので、慣れている医師にお願いをするのもよいでしょう。実際に自分で検査をしている様子を画面で見ることが出来るようになっているので、異変もすぐに分かるようになっているメリットもあります。

胃カメラは痛みを感じないで受けられる

胃カメラが怖いといって今まで検査を避けている人がいるかもしれません。口の中に入れてのどに入るのが気持ち悪くて吐き気が出てしまう人もいます。それが怖くて受けたくないと思ってしまっています。でも今は少し負担が軽くなっています。鼻から入れる胃カメラもあります。これなら口よりは少し痛みを感じないでできるようになっています。それでも嫌だと思っている人もいます。そこで今は眠っているうちに終わってしまったということもできます。それは麻酔を使って眠ってしまう事です。寝てしまうと痛みを感じないと受けることができます。気がついたらもう終わってしまっています。そこで今までの不快に感じていたことが嘘のように何もなかったように検査を終えることができています。だからどうしても嫌な人は麻酔を使ってやってもらいます。それで検査も毎年受けられて安心して健康にいられます。