胃カメラを上手に飲み込むコツ

そもそも胃カメラが苦しいのは咽頭反射という現象が起こっているからです。これを極力起こさないようなコツをつかんでおくと胃カメラを飲む時にとても楽になります。まず、基本としては楽な服装で検査を受けることです。特にベルトなどでウエスト部分をきつく締めていると苦しくなりやすいです。また、胃カメラをする前に必ず麻酔をします。大体麻酔薬を喉の奥に5分間留めておきますが、この留める時間をできるだけ長くするようにしてください。そうすることによって咽頭反射が起こりにくくなりますので、検査まで時間がある場合は行ってみると良いです。ちなみに、鼻から行う場合は喉の麻酔は行わないので注意をしてください。そして、咽頭反射対策で一番大切なことは唾を飲み込まないことです。飲み込むと気管に入ってしまいむせます。なのでより楽な気持ちで検査を受けるようにしてください。

胃カメラで使用する安定剤の副作用

胃カメラ検査は当然苦しいと思っている人がほとんどです。最近では、胃カメラの時に安定剤を使用して眠っている間に検査を行ってしまうという方法を選ぶ人が増えています。苦痛もなく検査が終わることはメリットですが副作用についても知っておく必要があります。安定剤は薬なので副作用が起きてもおかしくはありません。例えば、血圧が下がってしまったり、体の中の酸素が少なくなってしまうといったものがあります。そのため、安定剤を使用して検査を行うのは誰でもできるというわけではありません。精密検査などで時間が長くなってしまう場合や過去に開腹手術を行って癒着があり痛みが強い場合などです。こうした人の場合は苦痛を軽減させるために使用する場合がほとんどですが、一般的な人の場合は喉の奥に行う麻酔だけになりますので、もし使用する場合はきちんと医師と相談するようにしてください。

胃カメラを飲み込む事前練習

ほとんどの人が胃カメラは苦しいので検査を避けたいと考えがちです。しかし、検査前に自分で事前練習を行ってみると実際の検査をイメージしやすく当日スムーズに飲み込むことができる可能性があります。やり方は簡単で、口を開けたままで物を飲み込むことと長時間喉を開いていることです。食べ物でも水でもいいので口を開けて飲み込みます。普段やらないような行動なのでこうして練習をしておくとよりスムーズに検査を受けることができます。また、喉を開いたままにする練習ですが気持ちを楽にするということは非常に重要です。どうしても閉じようとしてしまうので、意識的に開こうと思うのではなく意識をそらして違うことを考えながらいると比較的長時間開いていることが可能です。とにかく検査本番は楽な気持ちで練習した通りに行うようにするとより早く検査が終わります。