鼻から入れるタイプの胃カメラ

胃に不快感があり胃カメラを飲んだことがある人も多いと感じています。彼らの大半は胃カメラを飲むときに大きな苦痛が伴い、もう二度と飲みたくないと感じている人が大半です。しかし、胃カメラ自体が悪いのではなく、飲み方にその原因はあります。主な違いを先に申しますと、苦しくない、バリウムがいらない、検査の最中に会話ができることなどが挙げられます。経口からのものとは違い、さほど苦しくないので最近気軽に受けることができると人気になってきています。ただし、経口よりも当然受けている人は少なく、医者でも経口はあっても鼻からのは入れたことがないという人がいることが問題点です。なので、細かなコツを教えられないまま検査を受けることになってしまい苦労することがあるので、しっかりと事前情報を頭に入れてから検査を受ける必要があります。

胃カメラと胃透視(レントゲン)の違い

人間ドックなどを受けると、胃カメラか胃透視(レントゲン)がコースに含まれていることが多いようです。この2つの検査は胃がんや胃炎を見つけるための検査ですので、どちらも同じような検査に思えるかも知れませんが、幾つか違いがあり、注意が必要です。まず、検査を受ける時の苦しさが違います。カメラでは検査の間ずっと観察しています。苦しくないように予め注射を打ってから始めますが、人によっては喉がかなり苦しいようです。透視(レントゲン)では、バリウムを飲んで行なう検査をしますので苦しさは軽いですが、検査後にバリウムが便と一緒に出てくるまでは、お腹が苦しい人もいます。また、カメラでは胃の粘膜の状態がよく分かる代わりに胃全体の形はなかなかわかりません。逆に透視(レントゲン)では、胃全体の形がよく分かりますが、粘膜の状態について細かい事がわかりません。そのため、どちらの検査がより有用かは、判断が難しいですが、どちらであれ定期的な検査を継続する事が重要です。

胃カメラは苦手ですが。

よく、人間ドッグや、胃の不調があった時に胃カメラの検査をしますが、自分はそれが苦手でした。でも、胃カメラの検査をしないと気づかなかった病気などがあるかもしれません。自分の知り合いが、胃カメラの検査で病気の早期発見が出来たのを目の当たりにしているので、苦手ながら、近年人間ドッグデビューをしました。少し前から、カプセルみたいな形のが出てきたとテレビでやっていて、毎回検査の日が近づくにつれて、『早くあのカプセル型にならないかな』と願いながら受けていました。ですが、中々お目にかかれないのでネットで調べてみたら、凄くお値段が高額で自分みたいな者が、簡単に手の出せる物では無いと悟り諦めました。自分の周りも、あの検査が苦手だから人間ドッグは受けないという人も中にはいました。早く、あのカプセル型が安くなると受ける側も飲むのも楽になって、健康意識が高くなり、人間ドッグを受ける人も増えていくのではないでしょうか。